不妊治療に対応した病院探し|信頼できるところを見つける

男性医師

多くのカップルが悩む症状

男性にも原因がある

医者

昨今の日本では、不妊に悩むカップルが増加しているといわれています。この不妊とは、子供を作るために性行為をしているにも拘らず妊娠できない状態を指します。ある統計によると、大阪のカップルの6組に1組は不妊治療をしたことがあるということです。なぜ不妊が増えているかというと、年齢を重ねてから出産を希望する方が増えているからです。年を重ねると、子宮内の卵子の活動が大人しくなるので受精する確率が低くなります。また、不妊は女性が原因と思われがちですが、男性側にも原因が有るといわれています。たとえば、精子がない無精子症、精子が管に詰まる症状によって不妊が引き起こされます。その他にも、仕事のストレス、パソコンの電磁波など男性器へ負担がかかることが多いです。その為、大阪で不妊治療をする場合は、夫婦ともに受けることをおすすめします。

効果が有るとされる治療

男性の不妊の原因として、無精子症が考えられます。この症状は、精液中に精子が出現しない現象の事です。統計によると、全男性の約1%の割合で存在するということです。このような男性側が不妊の原因の場合、人工授精という不妊治療が有効です。この不妊治療方法は、大阪のあらゆるクリニックで行われている治療法です。人工授精は、簡単に言うと、女性の子宮内に直接、精子を送り届けて妊娠を補助する治療です。無精子症の人でも、ほんのわずかながら精子が存在します。その精液を人工的に採取して、遠心分離器で活発な精子のみを回収していきます。そして、医療用の細いチューブで子宮内に直接注入していくのです。大阪のクリニックでは、1回の人工授精で約1万円から3万円の治療費となります。数回治療を受けると、妊娠する確率が上がります。